ホーム » All Videos » 【比較】戦争中の兵士死亡率

【比較】戦争中の兵士死亡率

 

戦争を生き延びる確率がどのくらいなのか気になったことはありませんか?
この動画ではそんな残酷さと無意味さしか残らない戦争の平均的な兵士の死亡率をランク付けしてあります。
戦争に意味はあるんかぁ?

– 死後の対応
戦死者への対応には、死後の勲章・褒章・階級特進などの栄典や、国家による顕彰や追悼、遺族への軍人恩給などの国家補償などがある。旧日本軍では第一次上海事変以降、戦功に応じて二階級特進も行われた。
戦死者への敬意の表明は、古代より多くの国家・民族・宗教などで、公的犠牲への感謝と評価、遺族感情への配慮、あるいは軍の士気維持、新兵募集、国威発揚などの理由で行われている。その内容は国家、政府、民族、宗教、文化、立場などにより、積極的な賞賛・顕彰・美化や、特定の宗教あるいは多宗教・無宗教による慰霊・追悼・祈念など、さまざまである。
古代より多くの戦死者はそれぞれの部族や民族で勇士や英雄とされた。中世ヨーロッパでは騎士などの主要な戦死者は、教会などで聖人や聖人に準じた扱いを受けた。特にユダヤ教、キリスト教、イスラム教では、異教徒との戦争を聖戦と呼び、その戦死を殉教とも呼んだ。また日本では古来より敵味方双方の戦死者を慰霊・追悼する碑も複数存在している。
各国の戦死者や戦没者に対する、慰霊碑や慰霊塔、祈念館、銅像などのモニュメントは、国立や地方自治体設立、民間設立などを含め各種のものがある。特に総力戦となった第一次世界大戦の前後では、列強各国で多数の戦争祈念施設が作られた。
日本では明治から昭和初期にかけて、いわゆる国家神道により国家が靖国神社や護国神社を創建し、民間でも各種の忠魂碑・忠霊塔などが作られた。第二次世界大戦後は靖国神社問題もあり、第二次世界大戦での軍民合わせて約310万人の日本人戦死者・戦没者を対象にした政府主催の全国戦没者追悼式、身元不明の遺骨を納めた千鳥ケ淵戦没者墓苑、各地の追悼式・慰霊碑・戦没者墓苑などがあるが、国立の追悼・慰霊施設は存在していない。
自衛隊では賞恤金の支給対象となる。

◆ミュージック
►https://www.bensound.com

◆チャンネル登録はこちら
►https://bit.ly/2Q4Zykl

◆ツイッター
►https://twitter.com/DataYoWatch

#データウォッチ では様々なトピックに関するデータの可視化をしている比較動画チャンネルです。

新しいトピックに関する提案があれば、コメントを残してください。
データがあれば動画を作成します。

ご視聴ありがとうございました。

Add comment

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク