ホーム » All Videos » 【比較】放射線・放射能と発がんリスク

【比較】放射線・放射能と発がんリスク

 

日常的な物や活動の中には、大量の放射線を発生させるものがあり、長期的に見れば実際に体に害を及ぼす可能性があります。
客室乗務員は放射線のリスクが高いことをご存知でしたか?
また、あなたも日常的に放射線の危険にさらされる可能性があることをご存知ですか?
詳しくはこの動画ををご覧ください。

※訂正
ウラン鉱山労働者:発がんリスク(0.65%)

放射性物質は放射性崩壊を起こすことで不安定な原子核の構造から安定した原子核の構造に変化しようとするが、その際に粒子または電磁波の形で放出されるのが放射線である
放射線は、直接的あるいは間接的に、物質中の原子や分子を電離または励起させる(物質にエネルギーを与える)

放射線は生物にとって有害であり、強度によっては死に至らせるため、放射線防護のために各国で法律が制定されている。ただし、どの程度(線量)でどのような害があるかについては様々な見解があり、その基準も国際統一されていない。

また、放射線は人間の五感では感じることができないため、必然的に放射線測定のための測定器を用いて検出や測定を行なう。
生活環境にある放射線は「環境放射線」と呼ばれるが、誰しも世界平均合計で2.4[mSv]前後の自然放射線による被曝を受けていると言われる。
放射線は応用範囲が広く、工業・農業・医療その他の分野で有効利用されている。ただし、放射線の取り扱いには注意を要するため、取り扱いに関する資格がいくつか存在する

◆ソース
►https://ja.wikipedia.org/

◆ミュージック
Creative Commons Music by Jason Shaw
►https://audionautix.com/

◆チャンネル登録はこちら↓
►https://bit.ly/2Q4Zykl

◆ツイッター
►https://twitter.com/DataYoWatch

#データウォッチ では様々なトピックに関するデータの可視化している比較動画チャンネルです。

新しいトピックに関する提案があれば、コメントを残してください。
データがあれば動画を作成します。

ご視聴ありがとうございました。

Add comment

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク